過去の研修 内部障害領域


昭和大学教授 宮川哲夫 先生
 ●『基礎から実践 呼吸リハビリテーション』

研修光景

 

講師著書



神戸大学大学院保健学研究科 准教授 井澤和大先生

 ●『心臓リハビリテーションの基礎知識とリスク管理(フィジカルアセスメント含む)』

 ●『心臓リハビリテーションの基礎知識とリスク管理(フィジカルアセスメント含む) 第2弾』

 ●『内部障害系リハビリテーションー循環・代謝・身体的フレイルに着目してー』

 

 昨今、急性期病院の在院日数は短縮傾向にあり、今後も急性期病院から直接自宅在宅となる例も多くなってくる可能性があります。一方、在宅での内部障害の数は,93万人(厚生労働省;平成23年生活のしづらさなどに関する調査)で、その中でも心機能障害を有する65歳以上の高齢者は、46.5万人といわれております。 また、糖尿病や呼吸器など、重複障害を有する例も少なくはありません。さらに、老健で通所でも心機能障害を有する例もあり、医学的治療のために医療機関に入院し、戻るというケースも少なくはありません。

 

 井澤先生の取り組んでいる研究に関して、共同研究者の先生がNHKのクローズアップ現代に出演されました.

 


研修光景

 

講師著書

 


神奈川県立保健福祉大学准教授 内田賢一 先生

 ●『リハビリテーションにおけるリスク管理とクリニカルリーズニング』


 

 

2015年10月04日